ヨーロッパサッカーを賭けて楽しもう! チェックする

beebetカジノは違法?合法?安全に遊べる?

数あるブックメーカーの中でも人気度の高いBeeBetですが、「本当は違法なのではないか」と疑問に思っている人もいるでしょう。

ブックメーカーは日本に導入されてまだ日が浅いため、疑問点や不安点が多いのも事実です。今回は、気になるBeeBetの違法性について徹底調査しました。

この記事の結論

BeeBetは違法ではなく、合法的に運営されている。日本では違法でも合法でもないグレーゾーンだが逮捕例等の前例はないため安心して利用できる。

目次

BeeBetは違法?それとも合法?

結論から言うと、BeeBetは合法のブックメーカーです。BeeBetや他のブックメーカーが違法と言われてしまうのにはいくつか理由がありますが、違法ではないので安心しましょう。BeeBetが違法と言われる背景や、ブックメーカーの立ち位置などをチェックしましょう。

海外ブックメーカーは違法ではない?

BeeBetをはじめとする多くの優良ブックメーカーは、違法ではありません。違法ではない理由としては主に、下記の二点が挙げられます。

  • 海外のオンラインカジノは、海外で違法ではない
  • BeeBetはキュラソー政府提供のライセンスを取得している

ブックメーカー産業の日本参入からまだ日が浅いため、BeeBetを怪しいと感じる人も多いです。確かに、日本ではまだカジノが解禁されておらず、海外のオンラインカジノに関しても違法性があるのではと疑いたくなるでしょう。

しかし、あくまで海外に拠点を置くオンラインカジノは、その国では違法ではありません。BeeBetは「1ban Ventures B.V.」という会社によって運営され、キュラソー政府のライセンスを取得しています。たとえ海外のブックメーカーでも、このような合法国の政府機関による認可を受けていないサイトであれば、違法性が生じる可能性もあります。

BeeBetはこの点をしっかりクリアしているため、違法性はなく、安全に運営されているブックメーカーと言えます。

ブックメーカーは合法でも違法でもない?

BeeBetはキュラソー政府認可のブックメーカーであることが分かりました。BeeBetを含めたブックメーカーを日本国内からプレーする上で注意したいのは「あくまで海外ブックメーカーをプレイすることに対する法律が定められていない」という点です。

このような理由から、ブックメーカーをプレーするのは「グレーゾーン」だと言う人もいます。

合法国でライセンスを取得しているブックメーカーに違法性がないことは、既述の通りです。そのようなブックメーカーを日本人が日本国内からプレーすることも、現時点で違法ではありません。

日本における賭博罪はあくまで運営側を裁くのが基本となっています。従って、BeeBetが合法の優良ブックメーカーである限り、そして新たな法律が作られない限り、日本国内からBeeBetをプレーするのも違法ではありません。

BeeBetは安全性が高い優良ブックメーカー?

BeeBetはキュラソー政府のライセンスを取得しており、違法性のないブックメーカーであることが分かりました。

そんなBeeBetは他のブックメーカー以上に安全性が高く、信頼できるブックメーカーだと言われることも多いです。

BeeBetがなぜ安全に楽しめるのか、BeeBetの安全性に対する取り組みやサポート体制をチェックしましょう。

BeeBetの安全性① ライセンスと監査機関

BeeBetがキュラソー政府から認可を受けていることは、すでにお伝えした通りです。このライセンスの発行には費用がかかり、また現地に信託会社を設立する必要があります。煩雑な手続きを経なければライセンスを取得することができず、また取得後も監査機関に監視されることになります。

ライセンス取得後であっても何か不正を働けば、すぐにでもライセンスを剥奪される可能性があるのです。利益を上げ続けるためにも、ブックメーカーは健全に運営し続ける必要があります。このような理由から、キュラソー政府のライセンスを持つBeeBetは、安全性の高いブックメーカーと言えるのです。

BeeBetの安全性② 日本語対応

BeeBetを日本国内で安全にプレーできる理由としては、日本語に対応している点も挙げられます。海外のブックメーカーの中には、日本市場向けではないため日本語に対応していないサイトも多いです。BeeBetはサイトの言語はもちろん、カスタマーサポートも日本語に対応しています。そのため、何か分からないことがあっても、すぐに日本語で尋ねることができるのです。

BeeBetのカスタマーサポートは高く評価されており、日本語対応の上に24時間体制というのも魅力的でしょう。なかには怪しげなブックメーカーやオンラインカジノも存在しますが、独自ライセンスを取得した上に、他社以上に日本市場に力を入れているBeeBetは、日本人が安全に使いやすいブックメーカーと言えます。

BeeBetの安全性③ 多くの利用者を獲得

2020年にオープンしたばかりのBeeBetですが、すでに多くのファンを獲得しているようです。BeeBet利用者からは、下記のように迅速なサポート対応を評価する声も上がっています。

海外に本拠地を置くブックメーカーということで、なんとなく怪しい・怖いと思ってしまう人も少なくありません。しかし、すでに多くの人がプレーしている上に、日本語でのサポートもあるという点は、素直に評価できるでしょう。ブックメーカーで遊んでみたいけれど登録をためらっている人は、BeeBetであれば安心・安全のブックメーカーデビューを飾れるかもしれません。

こんなブックメーカーは違法?

BeeBetはライセンスに加え日本語サポートもあり、安全性の高いブックメーカーですが、中には違法の疑いがあるブックメーカーも存在します。下記のような特徴を持つブックメーカーには、十分に注意してください。

ライセンスを取得していないブックメーカー

現在日本国内からも安全にプレーできるブックメーカーは、すべて海外でライセンスを取得しています。主な取得先としては、イギリスやマルタ共和国、オランダ領キュラソーなどが挙げられます。BeeBet同様にキュラソー政府のライセンスを取得しているブックメーカーも多いです。

このような形で公式の認可を受けていないブックメーカーには要注意です。ライセンスを取得している場合には、必ずサイトに記載があります。サイト内の「利用規約」などを読んで、本当に認可されているブックメーカーかどうか、確認しましょう。

国内運営のブックメーカー

日本国内に本拠地を置いて運営されていると聞くと、なんとなく安全なイメージがあるものです。しかし、オンラインカジノに関しては、まだ国内の法整備が進んでいません。海外で運営されるオンラインカジノを日本人がプレーすることに違法性はなくても、国内で運営されているブックメーカーには注意が必要です。

BeeBetのようにキュラソー政府から認可を受けているサイトは安全ですが、現時点でブックメーカーやオンラインカジノが日本政府から認可を受け国内を拠点に運営することはできません。なんとなく安全だと思い込まず、国内の会社がブックメーカーを運営している場合には注意しましょう。

BeeBetは違法?合法?まとめ

いかがだったでしょうか。BeeBetは日本では違法でも合法でもありませんが、安心して利用できるブックメーカーです。

当サイトではそんなBeeBetの評判や口コミを徹底調査しているのでぜひ参考にしてくださいね!

コメント

コメントする

目次
閉じる