ヨーロッパサッカーを賭けて楽しもう! チェックする

【路上の伝説】朝倉未来選手の強さの秘密は喧嘩?今までの戦績も紹介

近年、大晦日のRIZINやyoutubeなどで総合格闘技界を盛り上げているのは路上の伝説と呼ばれている朝倉兄弟。

今回はそんな朝倉兄弟の兄、朝倉未来選手についてご紹介します。

目次

朝倉未来とは

朝倉未来選手とは2018年8月12日にRIZIN初参戦したプロ総合格闘家です。

朝倉未来のプロフィール
本名 朝倉未来
生年月日 1992年7月15日
所属 トライフォース赤坂
身長 177cm
体重 66kg
階級 フェザー級
経験格闘技 相撲/極真空手2段/喧嘩(最強)/禅道会三段/ブラジリアン柔術(紫)
Twitter https://twitter.com/MikuruAsakura?s=20&t=J4bEVgqTSEdilH5bztzY8A
Instagram https://www.instagram.com/mikuruasakura/
YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCJZVj2iBrdvbNc416i0V-UA

2021年大晦日のさいたまスパーアリーナで開催された斉藤裕選手にリベンジマッチを果たし大いに世間を沸かせました。

大晦日のRIZINでは4年連続の出場となっておりすべて勝利を勝ち取っています。

プロ成績
総試合数 20
勝ち 16
KO勝ち 8
一本勝ち 1
判定勝ち 7
敗け 3
一本負け 1
判定負け 2
無効試合 1

上記の表は総合格闘技の戦績です。20戦16勝3敗1無効試合と好成績を収めています。

そんな好成績を収める朝倉未来選手を紹介するに欠かせないのが経歴です。

朝倉未来の始まりで強さの秘密でもある10代の喧嘩に明け暮れた日々からアウトサイダー時代、RIZIN参戦までの経歴をご紹介します。

無双していた喧嘩時代

幼少期の幼いころから母親も頭を抱えるほどの頻度で弟の朝倉海さんとの喧嘩をよく繰り返していたそうです。

中学生になると年上にも怯まなく年上にも挑発して喧嘩するといった注目をされる存在となりました。

当時1つ上のクラスになる岡くんにトイレに呼び出され10対1の状況を作らされるが、まったく怯むことはなかったらしいです。

暇なときは遊びとしてグローブを付けて殴り合うスパーリングをコンクリートの路上で始めます。

その時の動画が「路上の伝説」と呼ばれるきっかけになる動画です。

吉田くんとも中学時代にタイマンをして知り合うことになります。

現在では2人とも朝倉未来選手のYouTubeを手伝っていてとても仲のいい関係です。

高校時代は地元の豊橋市で喧嘩の強い相手を探しては喧嘩の日々になります。

暴走族50人に対して吉田くんと2人で喧嘩をして視力に後遺症が残る怪我を負ってしまいます。

ですが喧嘩をやめなかった朝倉未来選手は通っていた高校を退学処分となり無免許運転で約1年4か月ほど少年院に行くことになります。

少年院を退院してからはTHE OUTSIDER(アウトサイダー)に出場して総合格闘技の道を歩みます。

THE OUTSIDER(アウトサイダー)時代

少年院を退院してからは岡くんからすすめられた「アウトサイダー」の動画をみてアウトサイダーに参加する事になります。

アウトサイダーの戦績は14戦12勝1敗1ノーコンと負けた試合は次の試合への糧として圧倒的な実力が発揮されていました。

また第3代THE OUTSIDER60-65kg級王座、第5代THE OUTSIDER65-70kg級王座を獲得しています。

2016年12月のアウトサイダーの出場を断り2017年の3月にROAD FCに出場したことによる契約違反で王座は剥奪となりました。

その後2018年3月11にアウトサイダーの卒業を宣言することになります。

RIZINへ参戦

アウトサイダーを卒業して約5か月後の8月12日にRIZINへ初参戦します。

初となるRIZINでは日沖発選手との対戦で日沖のタックルにタイミングを合わせた左のハイキックでKO勝利し最高のRIZINデビューを飾りました。

そのあと8連勝を重ねますが斉藤裕選手に0-3の判定でRIZIN初の負けを味わいます。

ですがRIZIN大晦日の試合には4年連続出場することになり、2021年12月31日のRIZIN.33では斉藤裕選手とのリベンジマッチが組まれ勝利を収めます。

残るリベンジマッチはクレベル・コイケ選手1人です。

2021年12月31日のRIZIN.33で朝倉未来選手はクレベル・コイケ選手をリベンジマッチとして指名していましたが候補として名前があった斉藤裕選手との試合になりました。

YouTuberとしても活躍

2019年5月23日に公式YouTube「朝倉未来 Mikuru Asakura」チャンネルで動画の配信を始めYouTuberとしての活動を始めます。

動画の内容は「町の喧嘩自慢をスパーリングに誘ってみた」が1281万回再生「瓜田純士と路上喫煙注意してみた」634万回再生などが人気のチャンネルです。

最近ではリオン武選手、YUSHI選手といった総合格闘技選手との対談やスパーリングなどの動画も投稿しています。

朝倉未来選手が1人しか登場しない報告のような動画は炎上や報告などを裏表なく思っていることを発言しているのでファンからの支持も大きいでしょう。

朝倉未来の勝負スタイル

朝倉未来選手の戦い方は相手を待ってカウンターを合わせるスタイルです。

喧嘩で培ったリアルスパーリングと、日ごろの練習ではスパーリングを繰り返していたため対人の当て感はずば抜けたものがあります。

右左どちらの打撃も強いので当たれば相手に確実な有効打を決めることが出来ます。

朝倉選手は相撲の経験もあるのでとにかく腰が強いです。

試合を観ても分かる通り相手のタックルは倒すつもりで寄ってきても朝倉選手に切られるかロープに寄るかになります。

またタックルを仕掛けようとしてもデビュー戦の日沖選手のように、得意のカウンターで左ハイキックで合わせられることがあるので攻め込むには懐が深いですね。

日ごろの練習は朝のスパーリングだけでしたが元K1の魔裟斗選手との対談から、朝のランニングやウェイトトレーニングなども取り入れています。

弱点でもあったスタミナも克服できるのでこれからの試合ではパワフルな試合が見れるのではないでしょうか。

朝倉未来の戦績

今までやっていた喧嘩が総合格闘技に変わり仕事となった朝倉未来選手。まさに天職とも言えるでしょう。

そんな朝倉選手の強さが分かるようにアウトサイダーからRIZINまでの戦績を一覧にしてみました。

アウトサイダーの戦績

まずはアマチュア時代アウトサイダーに出場していた時の戦績表です。

アウトサイダーの戦績
板垣守計 KO勝ち
島田講平 TKO勝ち
庵野隆馬 KO勝ち
ムサシ KO勝ち
樋口武大 タップ負け
ジャマール・モーガン TKO勝ち
植田雄大 不戦勝
Dark陸斗 3-0の判定勝ち
木村一成 TKO勝ち
高橋ルガー大毅 KO勝ち
吉永啓之輔 KO勝ち
樋口武大 タップ勝ち
Ryo ノーコンテスト
吉田博之 KO勝ち

先ほども紹介した通り14戦12勝1敗1ノーコンとアウトサイダーを卒業するまで負けはたったの1回と好成績です。

さらに第3代THE OUTSIDER60-65kg級王座、第5代THE OUTSIDER65-70kg級王座も獲得しているので実力が嘘ではないことが分かります。

1度負けていた樋口武大選手とも再戦を行いリアネイキッドチョークで見事一本勝ち。

リベンジマッチを達成すると同時にアウトサイダー史上初の二階級制覇を成し遂げることができました。

RIZINの戦績

アウトサイダーを卒業後8月12日にRIZIN初参戦となるデビュー戦は相手に合わせたカウンターの左ハイキックがきれいに決まりKO勝利となりました。

勢いに乗った朝倉未来選手はRIZINでも最強の存在感を見せつけます。

RIZINの戦績
日沖発 KO勝ち
リオン武 TKO勝ち
ルイス・グスタボ 3-0判定勝ち
矢地雄介 3-0判定勝ち
ダニエル・サラス KO勝ち
斎藤裕 0-3の判定負け
弥益ドミネーター聡志 KO勝利
クレベル・コイケ 失神一本負け
萩原京平 3-0の判定勝ち
斎藤裕 3-0の判定勝利

当時9戦無敗だったルイス・グスタボ戦では朝倉選手が前歯を破損、グスタボ選手は右拳の骨折と激しい戦いでしたが3-0の判定勝ちで勝利します。

RIZINに移行しても負けは少なく12試合中2敗と好成績を記録しました。

4年連続で出場している大晦日のRIZINにもこの調子で出場を続けて欲しいですね。

1度だけキックボクシングの試合に出場

朝倉選手が10年前のデジカメを復旧すると中に入っていた動画にキックボクシングルールで試合をしている動画を発見しました。

本人曰く「総合のつもりで会場に行ったらキックルールって言われた」とのこと。

まだ当時20歳ととても若く試合前のミット打ちが終わって一服と言いタバコを吸っていたとのことです。

その試合は左ハイキックが相手の頭部に決まりKO勝ちとなりました。

現在朝倉未来選手のYouTubeチャンネルでその試合を観ることが出来ます。

今後キックボクシングでも試合ができるようになったら那須川天心選手や武尊選手との対戦ができるのでファンにとっては一度は見てみたいですね。

朝倉未来が参加した企画

朝倉未来選手はAmebaTVの1000万円企画や所属しているトライフォース赤坂のオーナーでもある堀鉄平さんが開催するBreaking Downのアドバイザーなどにも携わっています。

朝倉未来に勝ったら1000万

2021年11月20日にAmebaTVで「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」が放送されました。

内容は喧嘩自慢の4人をオーディションで集めてストリートファイトで戦う企画です。

挑戦者は喧嘩自慢の一般人久保田覚さん、元アイドル後藤真希さんの弟の後藤祐樹さん、現役K-1選手のモハン・ドラゴン選手の3人でした。

元KAT-TUNの田中聖さんも参加予定でしたが自身の怪我のため不参加となりました。

ルールは着衣のまま行い服を使った攻撃も可能で3人連戦のストリートファイトです。

結果、朝倉未来選手が3人を96秒で瞬殺しました。

後日、朝倉未来選手は自身のYouTubeチャンネルで「客観的に見て良い企画ではなかった、弱いものいじめみたいになって格闘技をいい広め方は出来なかった。」と発言しています。

Breaking Down

Breaking Downはトライフォース赤坂オーナーである元プロ総合格闘家の堀鉄平さんがオーガナイザーを務める大会です。

大会のルールは1分1ラウンド制で両選手打撃のみの大会です。

朝倉未来選手は弟の朝倉海選手と共にスペシャルアドバイザーとして就任しています。

2022年1月24日に開催される第4回の大会はオーディションを朝倉未来選手自身が務めています。

1000万円企画を経て選手にストーリーやカリスマ性が必要だと思ったとコメントを残しました。

第4回からは大会数を少なくなるみたいですが、各選手のキャラクターが目立つ試合になること間違いありません。

コメント

コメントする

目次
閉じる