東京オリンピックを楽しもう! チェックする

ブックメーカーのサッカーの賭け方は?必勝法・楽しみ方を徹底解説!

サッカーの賭け方

ブックメーカーではさまざまなスポーツベッティングを楽しめますが、世界的にもメジャーなスポーツであるサッカーは特に人気のあるスポーツです。

ブックメーカー発祥国のイギリスではサッカー愛の強い人が多く、手に汗握りながらベットした試合を友人と観戦なんていう光景も、日常茶飯事です。

今回は、ヨーロッパの主要リーグはもちろんJリーグにも賭けて楽しめるブックメーカーのサッカーについて、賭け方から必勝法までを徹底解説していきます!

ブックメーカーおすすめナビ】ではおすすめのブックメーカーをランキング形式で紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね!

サッカーを楽しんで、賭け方のテクニックを学んで、さらに稼ぎましょう!

目次

ブックメーカーサッカーの賭け方・楽しみ方

ガッツポーズをする手

ブックメーカーでサッカーにベットして楽しむ上では、どのような賭け方があってどのように賭けが成立するのかを知っておく必要があります。

最初は複雑に思えるサッカーベットも、基本となる賭け方を知ってしまえば、あとは実際にベットして楽しむだけですよ。

サッカーのオッズ

サッカーの賭け方の中で最もシンプルなのが、勝敗予想オッズやマッチオッズと呼ばれるものです。

ホームとアウェイ二つのチームのうち、どちらがその試合に勝利するかを予想してベットする単純な賭け方ですが、サッカーにはドローもあり”X”と表示されます。つまりブックメーカのサッカーでは「ホームチームの勝利(1)」「引き分け(X)」「アウェイチームの勝利(2)」の三つの選択肢にそれぞれオッズがついています。

そのため「1X2」とも呼ばれるこの賭け方こそが、サッカーベットの基本であり、最も多くの人に利用されています。

格上チームの勝利オッズは低く、格下のチームの勝利オッズは高いのが一般的です。引き分けオッズは2チームの力量差にもよりますが、格上チームの勝利オッズより低いことは稀です。

トーナメント戦では一試合の勝ち負けの他に、次戦進出用のオッズもあるので要注意です。

サッカーのオーバー/アンダー

定められた数値を上回るのか、それとも下回るのかを予想するのが、オーバー/アンダーという賭け方です。

サッカーの賭け方の中でも特に人気のある賭け方の一つで、その対象は得点を中心にさまざまなものが用意されています。シンプルにホームチームの得点のみを予想することもできますが、両チームの総得点もオーバー/アンダーの対象です。

オーバー/アンダーにおける基準値は、小数で設定されています。例えば総得点に賭けた場合、1-0という結果に対してはオーバー0.5が勝利でアンダー0.5が負けとなるように、同じ数値におけるオーバー/アンダーの片方のみを勝利とするためです。

変則的な賭け方では、オーバー/アンダーに「イグザクトリー」が加わりますが、これはその数値ぴったりのみが勝利となるパターンで、基本的に整数で表されます。

あるいは、オーバー/アンダーも整数で表示され、得点数などがぴったりの場合は賭け金返還、というブックメーカーも存在します。

オーバー/アンダーの対象で最もシンプルなのは得点ですが、サッカーではコーナーキック数やイエローカードの数、選手交代回数から枠内シュート数まで対象となります。勝敗や得点に比べると難易度は上がりますが、その分オッズがお得なことも多々あります。

サッカーのアジアンハンディキャップ

アジアンハンディキャップとは、2チームのレベルの違いをハンデに反映させたもので、ハンデは0.25または0.5刻みの数値で表されます。

例えばホームチームに+0.5というアジアンハンディキャップがついている場合、試合が1-1の引き分けに終わったとしても、ハンデを加味すると1.5-1となります。このように、試合結果が引き分けや負けでも賭けには勝利するケースというのが、アジアンハンディキャップの醍醐味でしょう。

単純な勝敗予想オッズのみでは、二チーム間の大きな実力差によって、格上チームが1倍台前半の低いオッズになることが少なくありません。ハンディキャップを加えたオッズは勝敗予想オッズに比べて多様性があり、少しのハンデがオッズを上げてくれるのは、実に魅力的ですね。

もちろん、ハンディキャップにおけるオッズが美味しいかどうかは、二チームの実力差への主観によって決まります。

対戦する二チームのことをよく理解しており、示されたオッズが美味しいと判断できる場合には、単なる勝敗予想オッズよりも多くの配当を得られるチャンスとなるでしょう。

サッカーのその他の賭け方

上記3つがブックメーカーのサッカーの主な賭け方ですが、他にもさまざまな賭け方を楽しむことができます。

例えばダブルチャンスという賭け方は、1X2と同じく3つの選択肢がありますが、その3つとは「ホーム勝利または引き分け」「引き分けまたアウェイ勝利」「どちらかの勝利」です。

1X2の進化系とも言えるこの賭け方はそれぞれ2つずつの可能性を含んでおり、オッズは低めです。

ブックメーカーによっては、1X2の引き分けなしバージョンである「ドローノーベット」を採用していることもあります。引き分けはサッカーならではの特徴ですが、リスクヘッジをしたい人にはこちらもオススメの賭け方となります。

さらに、少し変わった賭け方も存在します。

例えば得点やコーナキック数が奇数か偶数かを予想する賭け方があり、友人とスポーツベットを楽しむ際に利用する人も多いようです。

より難易度の高い賭け方としては、最終得点結果をぴったりと当てる「コレクトスコア」もあります。難易度が高い分、高いオッズが設けられます。

また、リーグごとの得点王を当てるものなど、ブックメーカーごとに異なる細かい賭け方があるので、随時チェックしてみてください。

ブックメーカーサッカーの必勝法

ガッツポーズを決める男性に紙幣が降る

ブックメーカーサッカーの基本的な賭け方が分かったところで気になるのが、その必勝法でしょう。

あくまで賭け事であるスポーツベッティングに必勝法はないとも言われていますが、サッカーベットで少しでも勝率を上げる方法には一体どんなものがあるでしょうか?

格上チームへの試合前ベット

特にヨーロッパリーグのサッカーでは、格上と格下の実力差が歴然です。

サッカーのことをさほど知らない人でも聞いたことのあるバルセロナやバイエルンなどのチームは、国内リーグの下位チームと天と地の差があると言われています。これらのチームは国内リーグ内で圧倒的な強さを誇り、欧州トーナメントになって初めて実力が拮抗するほどです。

このような強豪と格下との試合においては、たとえ1.1倍のオッズでも美味しい、という状況さえ存在します。一度試合が始まってしまうとオッズは優勢な方に傾き、1.0倍まで下がって賭けられなくなることもしばしばです。

だからこそ、圧倒的な格上へのベットを試合前に行うことは、確実な利益に結びつきやすいのです。

ブックメーカーのサッカーでは、欧州のリーグだけでなくJ1など日本のリーグに賭けることも可能です。

たとえJ1でもヨーロッパリーグに比べると、フェイバリットの負ける確率はやや高いとされています。 世界中のマイナーなリーグに賭けられるブックメーカーもありますが、リーグの実態や実力差のことをよく知らないリーグに賭けると、順当そうなところで番狂わせが起きることもあるので要注意です。

データを精査した上で馴染みのリーグやチームに賭けることが、必勝法への第一歩と言えるかもしれません。

オッズ差を利用した配当アップ

サッカーのベットは基本的に引き分けも含みますが、引き分けの場合賭け金返金となる「ドローノーベット」を採用しているブックメーカーもあります。

これはホームチームの勝利またはアウェイチームの勝利という二択を意味しますが、この二択とアジアンハンディキャップのオッズ差を利用した賭け方は、配当アップに繋がる可能性があります。

ハンディキャップには「ハンデゼロ」という実質的にはハンデなしの選択肢もありますが、このハンデゼロとドローノーベットの勝敗予想オッズには歪みが生じます。つまり、全く同じ結果でもどちらかが高いオッズになることがあるのです。このオッズ差を利用すれば、一つの同じ勝利に対して配当を跳ね上げることができます。

他には、リアルタイムで試合を観戦しながらベットしてお得なオッズを見逃さないのも、一つの手と言えるでしょう。

試合前の格上チームへのベットは、オッズが1.0倍になる前に賭けられるメリットがあります。一方のライヴベッティングは、試合の展開を自分の目で見て、格上の強豪チームに1.2〜3倍のオッズがつく瞬間を見逃さないことに繋がります。

あるいは、格上がかなりの劣勢という状況で相手チームに2~3倍以上のオッズがつく瞬間も、見逃さずに済むかもしれませんね。

ブックメーカーでサッカーに賭ける際には、完全な必勝法は存在しないかもしれません。それでも、データ分析を怠らず自信のある試合で自分に合った賭け方をすれば、おのずと勝率はアップするでしょう。ぜひ、いろいろな賭け方でブックメーカのサッカーを楽しんでみてください。

当サイトでは、サッカーにおすすめのブックメーカーを厳選して紹介しています。

ブックメーカーで本気で稼ぐことを目指しているなら、以下の記事もおすすめです。

- 最も稼ぎやすい、それがブックメーカー -

ブックメーカーおすすめランキング。稼げる業者トップ10

一番稼ぎやすいギャンブル、
それがスポーツベットです。

登録無料、入金不要ボーナスもあります。

コメント

コメントする

目次
閉じる