東京オリンピックを楽しもう! チェックする

凱旋門賞2021はいつ?注目の日本馬は?

凱旋門賞2021注目の日本馬

「凱旋門賞2021はいつなの・・・!」

「今年の注目の日本馬は・・・?」

ヨーロッパ最大級のレースである凱旋門賞は、世界中の競馬ファンから注目を集めるG1競走であり、毎年楽しみにしている人も多いですよね!

というわけで、今回は、凱旋門賞2021!注目の日本馬特集!ということで解説をしていきます!凱旋門賞が今年も開催されるのは嬉しい限り。もちろん!我らが日本から挑戦する競走馬も!

気になる凱旋門賞2021の注目馬や、お得な楽しみ方を要チェックです。

目次

凱旋門賞2021はいつ?

カレンダー

世界のあらゆる競馬レースの中でも特に知名度が高い凱旋門賞は、毎年驚異的な盛り上がりを見せます。最も格の高いG1レースであり、1着賞金が2,857,000ユーロである凱旋門賞は、2021年もフランスのパリロンシャン競馬場で開催されます。

毎年秋の楽しみの一つ、という競馬ファンも多いでしょうが、2021年、今年の開催日は2021年10月3日(日)となっています。凱旋門賞当日までにはまだ時間があり、凱旋門賞前に別の出走レースを控える出走登録馬も多いですが、日本からも凱旋門賞に挑戦する予定の馬が何頭かいます。

歴代のレースを振り返っても、日本馬が同レースを制するのは生易しいことではありません。歴代最強馬との呼び声が高かったエネイブルは凱旋門賞を二度制しましたが、昨年の凱旋門賞は6着に終わり引退。

群雄割拠の新時代に入った競馬界においては、日本馬にも十分なチャンスがありそうです。今年こそは日本馬の初優勝という悲願を達成してほしい、そんなワクワクが今から止まりませんね!

凱旋門賞2021注目の日本馬

一頭の馬

パリロンシャン競馬場で開催される凱旋門賞2021に、現時点で登録されている日本馬は6頭。

その6頭とクロノジェネシス、ステラヴェローチェ、ディープボンド、マイネルウィルトス、モズベッロ、レイパパレであり、出走が決まるといずれの馬も初出走となります。日本人騎手にとっても夢の舞台となる凱旋門賞ですが、今年出走する日本馬は一体どの馬になるでしょうか。

新型コロナウイルスの影響で予断を許さない状況は続いていますが、今年は日本馬が複数頭が出走できることを楽しみにしている根強いファンの方も多いことでしょう。

歴代出走日本馬の中では2012・2013年のオルフェーヴルの2着が最高着順となっている凱旋門賞で、今年は日本馬のどんな活躍が見られるのでしょうか。

では、出走する中でも、特に注目の日本馬を解説していきます!

クロノジェネシス

凱旋門賞2021に登録している馬の中でも、とびきりの注目馬と言えるのが、クロノジェネシスです

登録日本馬中最高額の賞金を獲得しており、最も出走が濃厚と言われる彼女の活躍を、多くのファンが期待していますね。海外でのレースも含めたこれまでの全レースで主戦の北村友一騎手が乗ってきたクロノジェネシスは、国内G1を3勝しています。

日本馬悲願の凱旋門賞制覇を成し遂げるのはこの馬だと、多くの関係者やファンから見込まれています。血統、距離適性および馬場適性から欧州の競馬に高い適性を示すと分析されており、あの怪物オルフェーヴルでさえ成し遂げられなかった凱旋門賞での優勝に期待が高まっています。

凱旋門賞でクロノジェネシスに乗る騎手は正式決定されていませんが、現在主戦の北村友一騎手は残念ながら骨折により戦線離脱となっています。北村騎手の復帰には一年以上を要するとされており、凱旋門賞ではクロノジェネシスに別の騎手が跨がる可能性が高いです。

目下、6月27日の宝塚記念では北村騎手に代わり、C・ルメール騎手が新たなコンビを組むようです。凱旋門賞の前にまずは国内で、圧倒的な強さを見せつけてほしいところですね。

そんなクロノジェネシスは現在、ブックメーカーで8番人気となっています。1番人気である英国のスノーフォールをはじめ欧州の有力馬を倒せるかどうかに、注目が集まっています。

レイパパレ

登録日本馬の中でクロノジェネシスに次いで2番目の人気となっている馬が、レイパパレです

レイパパレは現在、国内で6戦6勝の無敗馬です。前走が初のG1でしたが、コントレイル、グランアレグリアなどの現役最強馬たちを蹴散らしました。その前走は雨が降った重馬場での開催であり、高い重馬場適性から凱旋門賞での活躍にも期待がかかっているようです。

クロノジェネシス同様に、凱旋門賞の前に宝塚記念を控えており、このレースでクロノジェネシスと直接対決することになります。凱旋門賞の前哨戦とも言えるこの戦いには、多くの競馬ファンが熱い視線を送ることでしょう。

デビューから川田将雅騎手が一貫して跨っているレイパパレですが、川田将雅騎手といえば2014年の凱旋門賞で、レイパパレと同じディープインパクト産駒であるハープスターに騎乗しました。歴代凱旋門賞の中でも特にレベルの高かったこの年、ハープスターは日本馬最先着の6着に終わりました。

凱旋門賞2021で一番人気想定のスノーフォールもディープインパクト産駒です。レイパパレが凱旋門賞に出走した暁には、ディープインパクト産駒同士の熱い戦いに世界中のファンが熱狂すること間違いなしです。

凱旋門賞2021のお得な楽しみ方

競馬レースコーナー

凱旋門賞はフランスで行われる競馬のレースであり、日本馬の活躍を黙って見守る他ないのか、とため息をついている人も多いのではないでしょうか?

実は凱旋門賞、日本国内からもベットすることのできる競馬レースとなっています。馬券購入というと馬券場やJRAのインターネット投票のイメージばかりあるものですが、海外のレースである凱旋門賞にベットするなら、ブックメーカーもおすすめです。

ブックメーカーというと野球やサッカーなどの世界的スポーツばかりを想像しがちですが、凱旋門賞をはじめ競馬ベッティングに対応しているブックメーカーもいくつか存在するのでおすすめですよ!

ブックメーカーおすすめナビ】ではおすすめのブックメーカーをランキング形式で紹介しています!

凱旋門賞へのベットに対応しているブックメーカーには、以下のようなものがあります。

ウィリアムヒル

1934年に設立されたイギリスの老舗ブックメーカーであり、現在もイギリスで最大の規模を誇っているのが、ウィリアムヒルです。

イギリスのブックメーカーである上にサッカーチームのスポンサーでもあるウィリアムヒルでは、サッカーベッティングが特に人気です。しかし競馬ベッティングにもかなり力を入れており、世界の人気レースのほとんどに賭けることができ、10月に開催予定の凱旋門賞に関しても、すでにオッズが設けられています。

競馬発祥の地でもあるイギリスの大手ブックメーカーということで、安心して競馬ベッティングを楽しみたい人にはもってこいでしょう。

スポーツベットアイオー

さまざまなジャンルのスポーツベッティングを用意しており、仮想通貨対応ブックメーカーとして頭角を現しているのがスポーツベットアイオーです。

スポーツ生配信の多さや出金スピードなどに定評のあるアイオーですが、チャンピオンステークスや凱旋門賞などの世界的競馬レースに加え、日本の地方競馬にも対応しています。よりマイナーなドッグレースのベットもできるアイオーでは、初心者でも仮想通貨を用いて気軽に競馬ベッティングを楽しめるでしょう。

凱旋門賞2021は日本からブックメーカーで楽しもう!

2021年10月3日(日)に開催予定の凱旋門賞は、現時点で出走馬が最終決定されていないものの、すでにオッズを出しているブックメーカーも存在します。

不確定要素の多い現時点では、レース直前に比べてオッズが高く設定されている場合もあり、すでにベット対象馬が決まっているのであれば、オッズの高いうちに賭ける醍醐味もあるでしょう。

また、ブックメーカーならではの特殊な賭け方も存在するので、いつもと一味違った形で競馬を楽しみたい人にも、ブックメーカーはおすすめです。世界が注目するG1レース凱旋門賞にも簡単にベットできるブックメーカーを、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- 最も稼ぎやすい、それがブックメーカー -

ブックメーカーおすすめランキング。稼げる業者トップ10

一番稼ぎやすいギャンブル、
それがスポーツベットです。

登録無料、入金不要ボーナスもあります。

コメント

コメントする

目次
閉じる