ヨーロッパサッカーを賭けて楽しもう! チェックする

ウィリアムヒルは違法?日本人が遊んだら逮捕される?

田中

ウィリアムヒルで遊ぶのは違法なんですか?心配です。

江田

今回はウィリアムヒルというブックメーカーの違法性について考えてみよう。

ウィリアムヒルはイギリス国内では誰もが知るブックメーカーですが、日本でもブックメーカーが注目を集める中で大きく知名度を伸ばしているブックメーカーです。

ウィリアムヒルとはイギリスに本社を置き運営されているブックメーカーで、その規模はとても大きく世界三大オンラインカジノの1つに数えられています。

しかしカジノ・ブックメーカー…と聞くとギャンブルだし違法なんじゃないのか、と不安に思う方もいるでしょう。
そこでこのページでは、ウィリアムヒル 違法性はあるのか?について解説します。

目次

ウィリアムヒルは違法?日本人も遊べる?

ギャンブルと言えば違法賭博をイメージする方は多いと思います。おそらく野球賭博や相撲賭博、様々な場面で違法賭博のニュースを目にするためでしょう。

そもそも違法賭博とはどのようなものなのでしょうか。競馬は?パチンコは?身の回りにはたくさんのギャンブルが存在します。それらと違法賭博の決定的違いには何があるのでしょうか。

それは『違法性があるかどうか』という違いにあります。

厳密には国に認可されているか、という違いです。競馬やパチンコ、意外とギャンブルとは認識の薄い宝くじまで公に行われているものは日本の許認可があるため営業を許可されています。

では、ブックメーカーであるウィリアムヒルは日本の許認可を受けているのでしょうか?

正解は受けていません。しかし厳密には、日本には許認可を受けていない、というだけです。どういうことかと言うと、ウィリアムヒルの運営会社はイギリスにあり、イギリスでは国の許認可を受けています。

そして最も大切なのことは今の日本の法律に「国内外において、違法賭博は禁止する」と言う記載しかないと言うことです。つまり合法かつ許認可があれば海外のオンラインカジノを利用することが許されていると言うことになります。

以下の記事では弁護士の見解を解説しています。弁護士の見解としては、違法でも合法でもないというのが大方の結論となっています。もちろんそれぞれの立場によって違法だ!という人もいれば、全く問題ないという人もいたりと、その意見は様々です。結局のところ結論が出ていないこの問題ですが、ただ一つあきらかなのは、

日本国内において、過去、ブックメーカーを利用しての逮捕者は出ていない。

ということです。

ウィリアムヒルは違法ではない合法ブックメーカー

ではウィリアムヒルはイギリスにおいてどのようにして許認可を取得しているのでしょうか?詳しく説明しましょう。

オンラインカジノは運営するためにライセンスを取得する事を義務付けられています。

逆に言えば、ライセンスを取得せずに運営しているオンラインカジノは明らかな違法カジノだということになります。もちろんそれらは初心者にはとても見分けがつくものではなく、公式サイトに”ライセンスのような”証明書を貼り付けていたりということもあります。

基本的にはそのような悪質違法サイトはgoogle検索で簡単に見つかるようなものではなく、メールやSNS等でのユーザー勧誘によって不正に利益を上げているようです。

ライセンスを取得するためには規制と条例に沿っている必要があります。
ライセンスには様々な種類があり、ウィリアムヒルはその中でも取得難易度の高い「ジブラルタル」というライセンスを取得しています。

ジブラルタルとはイギリス領内のイベリア半島から突き出ていいる半島の名前で、EU加盟地域ながら一定の独自自治が許されています。ジブラルタル政府はEU内唯一の国際金融センターを有しており、ゲームやカジノなどのお金流れを管理している信用の高い政府です。

それに伴いウィリアムヒルもオンライン営業の許認可をジブラルタルより受けています。現在ジブラルタル政府より許認可を受けているのは大企業のみで、この許認可制度はイギリス王室からも高い評価を受けています。ジブラルタル政府から許認をもらうためには半年以上の厳しい審査と、ジブラルタル政府へ売り上げの一部を納税するなど厳しい制約が伴います。

以上のことからウィリアムヒルが合法かどうかという問題に関して、世界基準で許可されているという事実を理解していただけたかと思います。

オンラインカジノやブックメーカーには許認可に加えもう一つ大切な観点があります。それは

第三者から監視されているということです。

具体的にはカジノ側が儲かるようにギャンブルを裏で操作したり、個人が儲かるようにズルをしたりなどカジノの違法となる不安要素をなくすために監視が必要になります。

そのためカジノ・賭博には必ず第三者機関が存在しています。

ウィリアムヒルにはeCOGRA(イーコグラ)というオンラインカジノ専門の第三者機関が信用を担保しています。

eCOGRAとは2003年に作られた組織で、オンラインカジノ内で不正な操作がないか審査するために作られました。eCOGRAの審査科目には以下のようなものがあります。

  • 勝利した獲得金が確実に支払われているか
  • 顧客情報をしっかり管理できているか
  • カジノのプログラムに不正なものが混入していないかどうか
  • サーバーの許容内の正常な運営ができているか
  • トラブル対応をできているか
  • 健全なオンラインカジノ運営に尽力しているかどうか

これらの厳しい審査科目を通過したカジノのみに、eCOGRA認定の公認マークが記入され顧客からの信用を担保できる仕組みになっています。認定後もeCOGRAの厳しい監視は続き、プログラムはもちろんディーラーのイカサマを全ての監視システムを使って常に監視し続けます。

ウィリアムヒルにはeCOGRAに加えて第三者監視機関の老舗であるTSTの認可も受けており、2枚看板で安全性を守っていることから違法性がない事は分かっていただけたでしょうか?

さらにウィリアムヒルはロンドン証券取引所に上場しているため金融の世界においても信用があります。(日本でいうJRAと同じくらい大きな企業)加えて先ほども記述した通り、日本において海外で合法なものであればオンライン上で取引を行っても違法ではないので、ウィリアムヒルでは安心してスポーツギャンブルがプレイできると考えられます。

\\イギリス最大手の安心感!//

ウィリアムヒル登録手順も解説

ウィリアムヒルの違法性まとめ

ウィリアムヒルはイギリス本国において、第三者機関の監視のもとに健全に運営されており、その規模は世界トップレベルのブックメーカーです。

日本においては法律が整備されていないため、合法でも違法でもないというのが現状ですが、過去1人たりとも逮捕者を出したことがないブックメーカーでは違法ということで逮捕される可能性は極めて低いと考えられます。

日本人のブックメーカー利用者も増加しており、カジノ法の整備も進められていることから、今後はオンラインカジノやブックメーカーに関する法律も徐々に整備されていくことでしょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる